お金がほしいときの対処法

お金がないとき。具体的には、我が家は自営業なので次の仕事のお金が入ってくるまであと〇円しかないけど足りないというような状態を指します。こういうお金がほしいことはしばしばあります。

とりあえず、食費や日用品などどうしても生活に必要なものは全てクレジットカードを使って購入します。そうするととりあえず、支払いは翌月まで延びます。そして極力財布の中の現金を減らさないように気をつけます。どうしても現金でしか支払えないもののために残しておくのです。

あとは、極力買い物に行かないようにします。冷蔵庫にあるもので可能な限り生き延びるよう、足りないものがあっても代用品はないかと考えます。

大きな買い物など必要なものは、可能であれば翌月まで買うのを待ちます。そうすることでカード払いの請求月がもう一ヶ月遅くなるからです。

それでも足りないときは、貯金を下ろします。主に子供用の学費の積み立てです。お金が入ったらそこに優先的に返していきます。今はクレジットカードが使えるお店が増えたので、お金が足りないときはほぼクレジットカード頼みです。

私がコンビニを利用する時のこと。

私の息子はコンビニでお茶や甘いお菓子を買うことが多いです。私は息子にお茶ならいくらでもうちにあるのだから、コンビニで買うのは勿体ないと言ってしまいます。私自身コンビニでは、まずお菓子や飲み物は買いません。

私がコンビニを利用するのは、ジュエリーの買い取り査定に出す時に宅急便で送る時に良く使います。私はジュエリーが好きで、使わなくなったジュエリーの買い取り査定を過去に数回やってもらったことがありました。

そこの買い取りのお店はネットで買い取りキットと言うものを申し込むと宅急便で送れるような箱と梱包材を送ってきてくれます。それにジェエリーを入れて宅急便で送るのにコンビニを使っているのです。知り合いのジュエリー職人さんに指輪の修理をお願いする時も、指輪を宅急便で送るためコンビニを利用してます。

あとは、毎月育毛剤を使っていますが、その支払いはコンビニ払いOKなにでコンビニで支払っています。コンビニで物を買うよりも宅急便で利用することが多いです。