車を購入するのにどうしてもお金が必要でした

車を購入するのにどうしてもお金が必要でした。妻の車が古くなり自動車税の金額があがったため少し小さめの車にかえることを検討しました。

前年に車検とタイヤをかえていましたが、どうしても仕方ないと判断したのでかいかえることにしましたが、現金が手元になかったのです。

自動車会社の金利は5.7パーセントだということでほかの金融機関をたずねてみました。金利と現金がすぐに手元にくるならどこでもいいと考えて銀行、信販会社、消費者金融会社をあたってみましたが、銀行のほうが借り入れできそうだったので、3.7パーセントで借り入れすることになりました。

しかしどうしても銀行は時間がかかってしまうことと、提出書類が多かったです。信販会社はすぐに現金をだしますよ、といってくれたのですが、3.7パーセントの金利まで引き下げができなかったので、結果として自動車販売会社には待ってもらい、銀行の審査がおりるまで我慢したのです。

車はすぐに見つかったのですが、審査がおりるまで約一週間かかったので、それから契約、書類提出、車庫証明、登録とすべてが後ろ倒しになってしまいました。

どうしてもお金がほしいときは借り入れできれば便利ですが、そのときの金利と審査のスピード、さらに現金を手にするまでのタイミングが非常に重要だと感じました。

さらに審査は金融会社によってさまざまで、提出書類もいろいろあることがわかりました。一般的に低金利のところは提出書類が多いです。